英単語



英単語を覚えよう





覚えたい必要な英単語から覚えよう

英会話の勉強を取り組むのにはどうしてもはじめに英単語を覚えないといけないです。英単語を効率よく覚える方法を紹介してます。


今まで学校の勉強で英単語を覚えてきたと思いますが、僕なんかほとんど忘れてます。(^◇^)
まぁー、テストが終わればほとんど今まで関係なかったんで、人間の脳は必要ないものはすぐ忘れるようにできてるんですもんね〜。やっぱ必要あるものを覚えるべきでしょう
と、言うことで、覚える単語は自分に必要と思うものを覚える事

これを鉄則1としま〜す。
自分に必要な英単語を覚える

必要な単語とは、なぜ英語を覚えたいかです。
私は、外国人とお友達になりた〜い。と言う目的なんです。そうすれば世界観が変わるんじゃないかと信じています。それに、むけて、レッツビギン(^^ゞ

ある人は、海外旅行の為とか、映画を字幕なしでみたいとかいろいろあるとおもうのですが、その場面に必要な単語から覚えたほうが、やりがいもあるし覚えやすいのでは、と思います。

で、これを鉄則2としま〜す。 これが1かな〜(^_^;)
何の為に勉強するかを決める。
なぜ、英語を覚えたいかがきまりましたら、英語で話すときの場面を日本語でかきだします。
私は、外国人とコミュニケーションをとりたい為なので、通常は、挨拶なんですけで、私の場合は旅行中の外国人がこまっていそうな場面を想定して、文章をかきます。

どうしましたか
どこまでいきますか
つぎの、えきで、おりてください。
さんばんめの駅で、おりてください。
旅行ですか

How far does it go?

Please get down at the next station.

Please get down at the 3rd station.

Is it a travel?

以下省略

てな具合につくって、行きます。

次にこのフレーズや単語を、英語とイメージで覚えます。
今まではこの英語の意味は○○だ。この英語は○○だって感じで、どんどんおぼえていって、次に単語テストのようなことで覚えているか確認していく方法で覚えたんじゃないかと思います。
この様な、覚え方だと実践で使えなくなるので、覚え方に日本語は、排除して、このイメージは、○○だ、このイメージは○○だとイメージを英語で言えるように、また、英語を聞くと(見ると)イメージが思い浮かぶように、覚えていきます。

で、これを鉄則とします。
覚えるのはイメージを英語で言うあるいは、英語でイメージするです。

これは、のちのち非常に大切なことになるので注意してください。
難しそうだけど、人の名前を覚えるのと同じ要領だとおもいますので、まぁ〜数少なけりゃいいけど多いですからね〜大変ですよね〜実際、でも、自分の英語を話せる自分をイメージをして、やっていこう。

でも、せっかく覚えた単語でも、使わなければすぐ忘れちゃいますよね〜(^_^;)
それでは、もともこもないので、でも、使う場面がなければ、日本語でも、忘れちゃいますよね〜特に昔の友達の名前、ニックネームは、覚えてるのに本名が出てこない(^_^;)
てなこと、僕なんか日常茶飯事ですもんね(^◇^)(まずいかな(^_^;)

忘れないようにするには、やっぱり、ちょくちょく、覚えたフレーズや単語をイメージして、忘れない様な工夫が必要になりますね(^_^;)

では、どの様にすればいいのでしょうか、私の場合は、最初に作った文章の続きのような感じで、フレーズを継ぎ足しながら何度も何度も毎日繰り返します。

単語のは、色、数、場所、感情、等毎日の生活で必ず接するものから覚えているので、毎日、使えてる様にしてます。

ということで、簡単に言葉を覚える方法は、ないと言うことで、赤ちゃんが話しだし始めるのも約一年かかるそうなんで、マイペースで鉄則どうりすれば何とか為ると思います。(^_^;)
グッドラッグ(^^ゞ



スポンサードリンク

 サイトメニュー
英語を話して楽しい出会いをふやそう Top

◆覚えたい必要な英単語から覚えよう

日本語抜きでイメージと英語〜英語の覚え方

日常の生活の行動をしながら英語を話そう・・・。

カタカナの言葉から単語数を伸ばそう

和製英語とカタカナ言葉のリスト

パソコンを活用して翻訳(言葉リスト)とヒヤリング

映画で英語をおぼえよう

ネットゲームで、英会話習得しよう

聞こえない発音があればだめなのかな(^_^;)

どうして母国語なら会話できる?

自分の覚えたい英語文例の作り方。

つかえる英語の勉強方法。


やっと気が付いた英会話習得のポイント

タブレットで英語を勉強しよう

英語の伸びた人、伸びない人

映画の字幕についてのお話

グーグルの翻訳サイトは、語学勉強にオススメです。

プロフィールです。(#^.^#)









ページ上部へ移動
ホームへ移動
Copyright (C) All Rights Reserved